太子高校は、2019年に創立50周年を迎えます。
50周年事業の充実のため、
ふるさと納税を利用した寄附金を募集しています。

太子高校は、2019年に創立50周年を迎えます。
創立50周年事業の充実』のため、ふるさと納税を利用した寄附金を
募集しています。

戴いた寄附金はすべて
太子高校の50周年事業のために使用させていただきます。

今回実施するふるさと納税は、
兵庫県が行う、県立学校環境充実応援プロジェクト(ひょうごふるさと寄附金)のひとつです。

生徒の教育環境設備を充実させるため「講義棟に空調設備」を設置したいと思っていますので、
ふるさと納税にご協力をお願いします。

【ふるさと納税について】
ふるさと納税を行うことにより、控除上限額まで寄附合計額から2,000円を差し引いた分が、所得税や住民税から還付・控除を受けることができます。

ただし、控除上限額は給与収入(年収)や家族構成ごとに異なるため、ひとり一人の控除上限額を確認することから始めてください。

以下のサイトでは、家族構成と年収を入力するだけで控除上限額を確認することができます。

表示される金額はあくまで目安です。社会保険料や医療費控除、住宅ローン控除などの有無による異なります。

ふるさと納税の控除上限額を確認
 
 
※ふるさと納税サイト[ふるさとチョイス]の画面に移動します。
 
【PDF】クレジットカードを利用した、ふるさと納税の方法を説明しています。

■寄附金が5,000円以上、50,000円未満の方
  手続き開始
  
※ふるさと納税サイト[ふるさとチョイス]の画面に移動します。

 
■寄附金が50,000円以上の方(個人の方のみ)
  
  お礼品として「ひょうごの特産品詰め合わせ」を希望する場合
  手続き開始


  お礼品として「+NUKUMORI(ぷらすぬくもり)」商品の
  詰め合わせを希望する場合
  手続き開始


  お礼品を希望しない場合

  手続き開始


【ワンストップ特例制度とは】
ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる便利な仕組みです。

寄附金上限額内で寄附したうち2,000円を差し引いた金額が住民税から全額控除してもらえます。

ただし、以下ような条件に該当する方はワンストップ特例制度を利用するこができません。
 1.年収2,000万円を超える所得ある方
 2.医療費控除等の還付金請求で確定申告が必要な方
 3.1年間の寄附先が5自治体以上ある方




Copyright(c) 2018 Taishi High School Alumni Association All Rights Reserved.